Copyright © shirai-laaushop All Rights Reserved.

世の中のシンクロニシティを考えてみる!!


世の中には関係ないものが、実は関係している!!

意味のある偶然の一致が多々あると思います!!

ある都市伝説があります!

日本人は古代イスラエル人(ユダヤ人)の末裔だという説!

イスラエルと共通するものが多く、言葉やマーク、シンボル、神事や儀式があります。

イスラエルのマークの六芒星(ダビデの星)が鞍馬寺に、『かごめかごめ』『君がよ

』などヘブライ語と共通するもが多い

有名どこは、天皇家の有名な十六菊家紋は、一般的なユダヤ教会で使われる紋章であると同時にシュメール王家の家紋でもあります!


天皇の尊称は「スメラミコト」であり、スメラは英語では、シュメールと発音し、ラテン語ではスメルと発音します。 ミコトは王と言う意味であり、明治維新前までは天皇(てんのう)ではなく、スメラミコトと呼ばれていましたが、維新後はなぜか天皇(てんのう)と呼ぶようになりました。 ※すめらみこと→皇尊・天皇

『記紀』の中で、日本最初の天皇「神武天皇」は、「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」 (神倭伊波礼毘古命) の称号で呼ばれています。

それではあの有名な歌、かごめかごめを紐解いてみましょう!!

日本語         |ヘブライ語          |ヘブライ語の意味

かごめかごめ      |カゴ・メー  カゴ・メー   |誰が守る

カゴの中の鳥は     |カグ・ノェ・ナカノ・トリー  |硬く安置された物をとりだせ

いついつでやる     |イツィ・イツィ・ディ・ユゥー |契約の箱に納められた

夜明けの晩に      |ヤー・アカ・バユティー    |神譜を取り、代わるお守りを作った

鶴と亀がすべった    |ツル・カメ・スーベシダ    |未開の地に水を沢山引いて

後ろの正面だーれ    |ウシラツ・ショーメン・ダラー |水を貯め、その地を統治せよ!

『誰が守る? 誰が守る? 堅く安置された物を取り出せ 契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ 神譜をとり 代わるお守りを作った 未開の地に 水をたくさん引いて 水を貯め その地を統治せよ』 となります!!みなさんはどう思いますか!?

これが偶然で片付けられますか!?これこそシンクロニシティですかね!!

もう1曲紹介しましょう!!それは君が代です!!

まさか国歌にも裏があるとは信じられますか!?

これを見たら偶然とは思えなくなってきます!!

日本語           |ヘブライ語            |ヘブライ語の意味

君が代は          |クムガヨワ            |立ち上がる

千代に           |テヨニ              |シオンの民

八千代に          |ヤ・チヨニ            |神・選民

さざれ石の         |サッ・サリード          |喜べ・人類を救う

              |                 |残りの民として

巌となりて         |イワ・オト・ナリァタ       |神・予言・成就する

苔のむすまで        |コ(ル)カノ・ムーシュマッテ   |全ての場所・語られる

              |                 |鳴り響く

『立ち上がれ、神を讃えよ 神の選民 シオンの民 選民として 喜べ 人類に救いが訪れ 神の予言が成就する 全地あまねく 宣べ伝えよ』

※シオンの民とは・・・・・旧約聖書におけるシオンの意味

・エルサレムの南東にある丘(シオン山)

・エルサレムそのものを指す

・シオンの娘=エルサレムの都の擬人化

・バビロン捕囚から解放されたイスラエルの民が帰還する地

・神の都シオンの民=イスラエルの民(=神に選ばれた民)

知れば知るほど面白いですよね!!

他にもいろいろヘブライ語から来ている言葉があるらしいです!

まず相撲の取り始めに行司が発する「ハッケヨイ、ノコッタ!」であるが、ヘブライ語では「撃て、やっつけろ、打ち破れ」の意味となる。子供たちの遊びである「じゃん、けん、ぽん」についても日本語としては何の意味も持たないが、ヘブライ語では「隠して、準備して、来い」となる。 重たいものを持ち上げたり、引っこ抜いたりするときに使う「よいしょ」「どっこいしょ」であるが、ヘブライ語の「イェシュ」(神よ救けたまえ=イエス・キリストの「イエス」と同じ語源)、「ドケイシュ」(退かすので、神よ助けたまえ)が語源なのではないかと、研究家の間で言われている。

日本の夏祭りで山車(だし)を引き回すとき、大声で「エイサ、エイサ」と叫ぶが、これはヘブライ語の「イサ」「イェシュア」(救世主)がなまったものではないか。つまり「神よ、神よ」と叫んでいるということになる。何かを持って走るときに使う掛け声である「エッサ、ホイサ」はヘブライ語で「神よ助けたまえ、運ぶ」の意味である。

全てがヘブライ語から来ているのではないかと錯覚を起こしそうになりますネ!!www

これって今回の題材のシンクロニシティ(意味ある偶然の一致)じゃないのかも・・・・・

意味のある必然の一致じゃないのかな!偶然ではなく必然(当たり前)なのかもしれませんね!!

                                          おわり

#シンクロニシティ #関係 #偶然 #都市伝説 #伝説 #歳 #古代 #古代イスラエル #ユダヤ #ユダヤ人 #末裔 #マーク #シンボル #神事 #儀式 #ダビデ #六芒星 #鞍馬時 #かごめかごめ #天皇 #天皇家 #有名 #十六菊家紋 #一般 #ユダヤ教会紋章 #同時 #シュメール王家 #すめらみこと #スメラミコト #皇尊 #皇 #尊 #維新後 #天皇スメラミコト #桓武天皇 #桓武 #かむ #ヤマト #言われ #彦 #カゴメ #指紋認証 #国歌裏 #偶然見たら #チヨニ #八千代に #佐々礼 #さざれ石 #巌となりて #苔の #シオン #シオンの民 #イスラエル #バビロン #エルサレム #相撲 #八卦よい #残った #ヘブライ #へぶり後 #イエス #イエスキリスト #エイエイさ #えっさほいさ #救世主 #山車 #夏祭り

11回の閲覧