血液型のABO式血液型以外にもタイプが分かれるのはご存知ですか!?


みなさんの血液型は何型ですか!?

みなさんは血液型は!?と聞かれたらA型、B型、AB型、O型と答えるでしょう!!

実際はその4種の中でもRH+とRH-があるのをご存知でしょうか!!

このRHとは!?


※この「Rh」というのは、アカゲザルの(Rhesus)に由来する。アカゲザルが持っている抗原と、同じものを人間が持っていることがわかったため、そこから取られたのだ。Rh抗原にはいろいろな種類があるのだが、その中でも免疫原性が強いD抗原の有無によって、プラスかマイナスかを区別している。

RH+=D抗原あり   RH-=D抗原なし

日本ではRhマイナスの血液型の人は少なく、0.5%ほどしかいない。しかし白人の15%はRhマイナスの血液型であるという。

Rh陰性の人がRh陽性の血液を輸血された場合,抗D抗体(Rh陰性の人が持っていないD抗原に対する抗体で輸血副作用や血液型不適合妊娠の原因となる)を作る可能性が非常に高いため,通常Rh陰性の人にはRh陰性の血液しか輸血することはできません。ただし,Rh陽性の人にRh陰性の血液を輸血することは何ら問題ありません。

一つ案を思い浮かびました。Rh抗原がある血液をRh抗原がない血液を精製してはどうか!?

ヒューマンエラー(ちゃんと抗原を無くさないで輸血)は危惧されますが、将来人口減少して来れば確実に必要な技術になると思います!

血液型一つ見てもいろんな種類があるので自分の体を把握するいい機会です。血液型を調べてみましょう!!

                                         おわり

#血液 #血液型 #ABO式血液型 #ABO式血液 #RH #RH #D #抗原 #D抗原 #D抗原あり #05パーセント #陰性 #陽性 #D抗体 #輸血 #ヒューマンエラー #輸血精製 #将来 #減少

Copyright © shirai-laaushop All Rights Reserved.